ブログランキングに参加しています

【ドラマ:】TRUE DETECTIVE ナイトカントリー】HBO人気ドラマのシーズン4 最終話の謎を考察

スポンサーリンク

今回紹介するドラマは TRUE DETECTIVE ナイトカントリー

概要

2024年1月にアメリカHBOチャンネルで放送されたアンソロジー・テレビドラマ

制作、監督、脚本:イッサ・ロペス

原題:True Detective: Night Country

全6話(1話58分~75分)

トゥルー・ディテクティブ ナイト・カントリー<予告編>4月26日よりU-NEXTで見放題独占配信開始

TRUE DETECTIVEシリーズの概要
      タイトル放送年   制作 メインキャスト
シーズン1
『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』
2014年ニック・ピゾラットマシュー・マコノヒー 
ウディ・ハレルソン
シーズン2
『TRUE DETECTIVE/ロサンゼルス』
2015年ヴィンス・ヴォーン
コリン・ファレル
レイチェル・マクアダムス
シーズン3
『TRUE DETECTIVE/迷宮捜査』
2019年マハーシャラ・アリ
スティーヴン・ドーフ

2014年に放送されたシーズン1『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』は、第66回プライムタイム・エミー賞で監督賞はじめ5部門を獲得、またグラミー賞でも作品賞など数々の賞にノミネートされるなど高い評価を受けました。

シーズン1は、神シーズンとファンの評価も高いドラマで重厚で見応えのあるクライムサスペンスでした。個人的にはシーズン2も面白かったです。

シーズン1との接点

『TRUE DETECTIVE』シリーズは、アンソロジードラマなのでどのシーズンから視聴してもOKなのですが、

シーズン4『ナイトカントリー』では、シーズン1で何度も出てきた

主人公ラスト・コールの原点アラスカ!

渦巻き模様の謎のシンボル!

このキーポイントを軸に事件が展開していきます。

そうなんです!

本作は、シーズン1以上に“闇の世界”“死者の声”が事件の重要ポイントとなっています。

そして、過去に傷を抱えた2人の女性警察官を主人公に、先住民や女性などの差別問題、

環境汚染に絡む汚職などリアルな社会問題を絡ませた重厚なストーリに

オカルト要素も加わわりグッと引き込まれました。

このドラマシリーズは、脚本がダンチにレベルが高いと思います

おススメ度:★★★★☆ アラスカの神秘的な土地柄に極夜の陰鬱なイメージがオカルト的な事件に見事にマッチしていて、加えて繊細に描かれる人間模様に引き込まれます。ラストは視聴者の想像におまかせ~なので、ハッピーエンドかバッドエンドかは、あなた次第!
スポンサーリンク

キャスト紹介

エヴァンジェリン・ナヴァロ刑事役のケイリー・リースは元ボクシング選手で

俳優に転身して間もない新鋭です。

ドラマ内で男性を殴り倒すシーンが何度かありますが、納得出来ました

実に堂々とした演技で名優ジョディ・フォスターにも一歩も引かぬ演技を見せてくれました。

ボクシング選手だったとは思えないほど良かった

リズ・ダンヴァース /ジョディ・フォスターエニス警察署長
エヴァンジェリン・ナヴァロ/ カーリー・レイス州警察捜査官、先住民
ピーター・プライア/ フィン・ベネットエニス警察警官、ハンクの息
ローズ・アギノー/フィオナ・ショウエニスの町はずれに住む女性
リア・ダンヴァース/ イザベラ・スター・ラブランリズの義理の先住民の娘
ハンク・プライア /ジョン・ホークス エニス警察警部、ピーターの父
テッド・コネリー /クリストファー・エクルストン警察本部の警部 ダンヴァースの上司でボーイフレンド
ケイト・マッキトリック /Dervla Kirwan鉱山を所有するシルバースカイ社所有者
ケイラ・プライア /Anna Lambe  ピーターの先住民の妻
エディー・クアヴィク / Joel D. Montgrandエヴァンジェリンのボーイフレンドで密造酒販売者

あらすじ

”神ですら起きていられぬ長い宵には

夜がどんな獣の夢を見るのか我々には分からない

ヒルドレッド・カステイン”

アラスカ 北極圏から約240キロ

12月17日 年内最後の日没

ツァラル北極研究所

北緯68度65分 西経165度35分

深夜の研究所にビートルズの『Twist And Shout』のPVが大音量で流れています。

「俺のスマホ見たか?」

「いや見てない」

科学者たちがそれぞれ自由な時間を過ごしていました。

シエアキッチンでは、若い科学者がSNSで料理動画を配信しています。

すると配信している後方で、別の科学者が突然震え出した様子が映っています。

「クラーク 大丈夫か?」

異変に気づいた若い科学者が声をかけると

クラークの震えが収まり、彼は振り返って言いました。

「彼女が目覚めた」

すると次の瞬間

部屋の電気が突然消え、辺りは暗闇に包まれました…

12月20日

1台のトラックがツァラル北極研究所へ向かっていました。

「荷物の到着だぞ! エマーソン!物資を届けに来た ご所望のスナック菓子もある

こいよ お待ちかねだろ」

運転手の男が何度呼んでみても、中からは誰も出て来ません。

「手伝いやしねえ」

男は渋々、研究所内のシェアキッチンへ物資を運びました。

「誰か手を貸してくれよ」

彼は、もう一度人を呼びますがやはり誰も出来ません。

「なあ」

男は、不満気に伝票を手に取ると、研究所の中へ伺いに行きました。

「サインをくれ すぐ戻るんだ アントン」

男は、廊下の方まで呼びに行きましたが、

研究所は静まり返り、物音ひとつ聞こえません。

「誰かいないのか?」

その時、何者かが廊下を横切ったような影を感じます。

「誰か?」

今度は、大音量でビートルズPVが流れている部屋へ入りました。

ところが、そこにも誰もいません

「みんな?」

しかし、テーブルの上には食べかけのポップコーンとビールがありました。

まるで、さっきまでは誰かがソファに座ってくつろいでいたようです。

この時、彼は研究所の異変を感じます。

怖くなった彼は引き揚げようとシェアキッチンに戻り、伝票を取ろうとしましたが、

手に振れたトラックのキーを落としてしまいました。

彼が床に屈んでキーに手を伸ばした時

ある物が目に入ります。

それは…

切断された人の舌だったのです。

続きは本編で!

♦スポンサーリンク♦

只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます

(配信は投稿時のものとなります)                             

今すぐU-NEXTで観る

勝手に私見考察

ここからはネタバレを含みます

最終話に残された謎

この作品のクリエイター兼ショーランナーのイッサ・ロペスは、最終話のエンディングについて

“ナヴァロが氷上の逃避行を生き延びたかどうかを決めるのは視聴者だ。死んでいるか生きているか、どちらの解釈もできるから、どちらが自分の心を満たすかで見た人が判断すればいい”と語っています。

参考:海外ドラマNAVI

しかし、シーズン4は他にも謎を残したまま終わってしまいました。

たとえば

  • クラークは本当に自殺だったのか?

しかし、彼の凍った死体の表情は目を見開いていて自殺者には見えなかった

  • アニーの舌を切断したのは警官だが、研究所のキッチンの下に置いたのは誰?

アニーは6年も前に殺害されたのに…

最終話の謎を考察

事件の真相に迫ったダンヴァースとナヴァロ

しかし、彼女たちは事件の真実を闇へ葬り去りました。

では、上記で書いた最終話の謎を考察していきます。

クラークは本当に自殺だったのか?

ラストでは、クラークが全てを告白していた動画が拡散され、鉱山は閉鎖されていました。

また、捕まったクラークはナヴァロに殺して欲しいと頼む場面もあったので

やはり、自らの罪を告白し重荷を下ろしたクラークは自殺だったのではないでしょうか。

研究所のキッチンの下にアニーの舌を置いたのは誰?

これについては、科学者たちを氷原へ追いやった先住民族の女性たちが一枚噛んでいたと思われます。

彼女は「何の話か分からない」と質問するナヴァロを煙にまいた返事を返していますが、

科学者たちの失踪事件は、アニーを殺した犯人への復讐であり

この2つの事件を関連づけるために、アニーの舌を置いていったのだと思うのですが…

どうでしょう~

ナヴァロは死んだのか?生きているのか?

ラストシーンにひょっこりナヴァロの後ろ姿が出て来るのですが…

これがまた、微妙なシーンで謎を深めるばかりなのです。

まず、作中によく出て来る闇の存在の”彼女”を考察してみましょう。

先住民族の女性が科学者たちを氷原に追いやった際

”彼女”が彼らの生死を選ぶのだと言っていました。

そして、ナヴァロの母親も妹も“彼女”に呼ばれ亡くなっています。

「今度は私の番だ」とナヴァロは悟り氷原へ向かったラスト直前…

そこで、私の考えるラストは

  • ナヴァロは“彼女”に選ばれ生きて戻って来た!生きていたパターン

または

  • 死者の存在を受け入れたダンヴァースの傍にいる亡くなったナヴァロなのか!

やっぱりどちらともあり得るエンディングなのですが

私としては、ナヴァロは選ばれ生きてダンヴァースの元へ戻って来たと思いたい

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました