スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています

【海外ドラマ:クィーン・メアリーseason1】最高の結婚と変貌する国王④(13話~17話まとめ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回紹介するのは クィーン・メアリーseason1

今回は、13話からの物語です。いよいよフランソワが宮廷へ戻ってきます。フランソワが登場すると物語も華やかになる気がするのは私だけでしょうか…

フランソワ2世役のトビー・レグボ ゲーム・オブ・スロ-ンズのスピンオフ作品に出演決定なんて噂がありましたが、この話は結局無くなってしまったんでしょうか?だとしたら残念!

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

 

EP13

カトリーヌは自分の死刑執行の宴の準備を取り仕切り、アンリに豪華な墓石等の注文を要求しています。

アンリは、地獄行きなのに時間稼ぎだとカトリーヌを非難します。

そこへ、メアリーの母でスコットランドの摂政マリー・ド・ギーズが訪れました。

彼女は、庶子のバッシュとメアリーの結婚に反対でした。

そして、メアリーは相談もせずに勝手に結婚を決めてしまったことを謝ります。

「愛してるの?」と聞くマリーに…

言葉を詰まらせながら「徐々に…」と答えるメアリー。

まだ冷静に判断する時間はあるようねと、マリーには本心を見透かされてしまいます。

そして、マリーはスコットランドの危機をメアリーに伝えました。

イングランドよりもプロテスタント化の問題のほうが国内で大きくなり、カトリックとの対立が鮮明になってきました。

だからこそ、カトリックの国フランスを味方にしたい。

マギーが王太子であるフランソワとの結婚を強く望んだのもそのためでした。

(史実でも、このスコットランドでのプロテスタント化は、後にメアリーを苦しめる事となります)

マギーの結婚反対の意向を聞いたメアリーは、バッシュに今夜にでも結婚しましょうと焦ります。

そこで、バッシュは教会の準備をするために宮廷を離れました。

メアリーとバッシュは、2人だけで式を挙げる決意です。

マギーはカトリーヌへ会いに行きました。

そして、娘を託したのに…とマギーはメアリーの命まで狙ったカトリーヌを責めます。

そして、メアリーを真の王太子と結婚させたいと本心を打ち明けます。

すると…”私は負けたの…”と言ってカトリーヌは、マギーをあしらってしまいました。

その頃、宮廷にローラとフランソワが戻ってきました。

そして、久しぶりにメアリーとフランソワは再会します。

気まずい空気の中、2人は挨拶を交わしました。

「母の命乞いが済めば、ここを出て行く。今は、全て兄のものだ」と告げてフランソワは立ち去っていきます。

一方、ノストラダムスがカトリーヌの部屋を訪れていました。

”フランソワのヴィジョンがクラリッサの死後変わった”とカトリーヌに報告しました。

何と!2人は夫婦になれると…

それでは、大どんでん返しをお楽しみください。(今度はバッシュが~)

この大どんでん返し…ツッコミどころ満載ですが

取り合えず良かった~

長文の為                                                続きを読む方はクリック↓をお願いします

続きはここをクリック!
タイトルとURLをコピーしました